小学生向けの通信教育と学習塾

2 min
https://child-study.com/wp/wp-content/uploads/2020/04/pointo.png

通信教育のいい所 塾のいい所 たくさんあります。
通信教育を選ぶメリット 塾を選ぶメリットを分析します!



学習塾と通信教育についてどんなイメージ
をお持ちでしょうか?
 どちらの方がいいのか?というのは悩んでも解決しきれない究極の質問の一つだと思います。
 実際に その時 その環境で受講してみるしかわからないです。
中学受験しない我が家はいろいろ考えて通信教育+スポット的に学習塾を受講しました。
 その時 聞いたこと、調べたことを紹介します。

知っておきたい 通信教育と 塾のメリット?デメリット

通信教育のメリット BEST5

  • 自宅で勉強できる→ 安全で時間も大切にできる
  • 好きな時間で勉強できる→ 習い事などで忙しい子にも◎
  • マイペースに勉強できる→ 周りに合わせて勉強する必要なし
  • 全国一律 良質な教材・カリキュラム→ 居住地を選ばず、各社の教育が受講可能
  • 学習塾に比べて費用が安い→ 年間で考えると大きい受講料

塾のメリット BEST5

  • 学力競争できる環境がある→ 先生や友達・ライバルとの関係
  • 最新の情報&地域の受験ノウハウ→ 学校情報やテスト・入試対策など対応
  • 分からない所を教えてくれる→ 聞きやすく教えてもらいやすい環境
  • 進路の相談ができる→ 学校とは違う進路相談ができる
  • 学校外で友達と会える→ 子供にとっては大事なようです・・・

 通信教育と 学習塾の種類

通信教育の種類

  • 教科書準拠→ 学校の教科書・授業に対応
  • 非教科書準拠→ 教育会社のオリジナルカリキュラム
  • 中学受験対応→ 中学受験対応のハイレベル教材
  • 通信添削あり→ 赤ペン先生が有名ですね♪
  • タブレット教材→ 最新のタブレット学習
     ※各社オプションなどで対応を拡大

塾の種類

  • 進学塾→ 5段階でいうと 5もしくは4の子がいく塾
  • 補習型塾→ 5段階でいうと 5や4もしくは3の子がいく塾
  • 救済塾→ 5段階でいうと 2や1もしくは3の子がいく塾
  • 総合塾→ 「進学塾」と「補習塾」を兼ね備えた塾
  • ネット塾→ インターネットを利用して勉強できる塾
     ※全国規模・地方・個人経営など経営規模の違いもあり

 通信教育が向いている子?

向いている子

  • 自らの力で学びたい気持ちが強い子→ 学校の教科書・授業に対応
  • わかりやすい教材を求めている子→ 全国展開、時代とともに更新する内容が魅力
  • 教科書以外の勉強をしたい→下の学年から上の学年内容まで勉強可能

おすすめしにくい子

  • 保護者のサポートが少ない子→ 保護者が先生・講師の代わりです。
  • 独学で学ぶ意欲が少ない→ 1人で取り組むのが基本 保護者のサポートが大事ですが・・・
  • 学習習慣が身についていない子→ 自分が頑張るという意欲が大事
  • 時間管理が苦手な子→ 家庭内の環境づくりから必要です。
  • 身近にライバルが欲しい子→ 一人でモチベーション維持し勉強できるか
http://child-study.com/wp/wp-content/uploads/2020/04/illust2012_thumb.gif

「通信教育」 「学習塾」それぞれ長所と短所があり比較されますが、低学年のうちでは 学ぶことの楽しさを身につけてほしいですね。 大きくなってからとても大切になってくると思います。

興味があるもの、熱中できるものを一緒に見つけてあげたいと考えています♪


関連記事