子どもを勉強嫌いにさせない 分かりやすい通信教材を利用したいと悩んだ結果

3 min

今から勉強が嫌いなの?もっと勉強しなさいと促してもしてくれない

中学受験はしません。だけど勉強もある程度は頑張ってほしいなぁ

こんな悩みをもっている方に解決できる可能性の高い通信教材を紹介します。

子どものタイプはイロイロありますが 小学生が勉強を嫌いになるパターンは限られています。
嫌いになる理由を避けて 教材を選んであげましょう。

急いでいるかたへ

記事のまとめ

勉強(通信教材)が嫌いになる理由は1つ 面白くないからです。
面白くないから 自分から進んで取り組まない。だから成績も伸びない。
教材も溜まってくる。

これは典型的な相性の悪い通信教材を選んだ場合の悪循環パターンです。
よくあるのが分厚く問題が多い詰め込み教材です。

解決方法は
 ① 学ぶことが楽しく面白いと感じる教材に取り組んでみる。
 ②これまで触れた事のない勉強方法に取り組む。
 ③成績が伸びるわかりやすい教材を選ぶ

①②に該当するのが「チャレンジタッチ」か「スマイルゼミ」です。

③は今の学力を考慮して選びたいですが「小学ポピー」がおすすめです。

▼今回の記事で紹介した通信教材の公式サイト▼

以下 『記事まとめ』に沿った順番で解説していきます。

勉強(通信教材)が嫌いになる理由

勉強が全く楽しくないと感じる通信教材があります。

勉強が楽しくない理由はなんでしょうか?
お父さん、お母さんが子どもの時のことを思い出して考えて見てください。

時代は違いますがたぶん「わからない」「わかりにくい」「他に楽しいことがある」「教え方が嫌い」など、大きく言うとそんなところではないでしょうか?

逆に 好きな先生が教えてくれる教科や興味がある事を学べる教科は楽しく感じたことはなかったでしょうか?

ヒントはそこにあります。通信教育に当てはめて下記に記します。

勉強が嫌いになる通信教育の特徴
  • わかりにくい。わからない。
  • 問題が多いだけ。
  • 暗記問題だけで解説や理解を深める内容がない。
  • 教え方がいや。面白くない。
  • 成績がのびない。

感想

勉強が嫌いになる反対の教材を選べば 成績が伸びて勉強が好きになると想像できます。いきなり上位クラスを目指すのではなく小学生のうちは無理のない範囲で単元ごとに理解を深め実力を深めていくことが将来につながる勉強方法だと思います。

勉強が楽しいと感じられる教材があれば成績も上がってくるのは当然ですよね♪そんな教材に出会うことが目標です。

学ぶことが楽しく面白いと感じる教材に取り組んでみる。

学校の勉強でも面白い先生に出会えて、学ぶことを楽しく感じられる授業を受けれるなら 通信教材を探したりする必要はないと思います。

しかし無難でありきたりで工夫のない先生に出会ってしまった場合、勉強自体が面白くないものと感じ 勉強へのモチベーションが下がってくるのは当然です。しかも宿題だけはたくさんあるとかは最悪です。

全国展開している良質な通信教材なら 学習内容や解説も工夫され分かりやすくなっています。また自分のペースで取り組むことができます。わかっている所はかるく、わかりにくい苦手な部分は繰り返し勉強することができます。

そして成績が伸び、まなぶという事自体を楽しめる可能性があります。

勉強に楽しさを求める教材を考えると 私は「チャレンジタッチ」が一番おススメです。

タブレットを使用する勉強方法自体が魅力的で効率的ですし、ベネッセのノウハウが詰まった解説がアニメーションで分かりやすい。暗記をメインにするのではなく まなぶ過程や間違えた問題を取り組む内容が魅力的です。

▼公式サイト

これまで触れた事のない勉強方法に取り組む。

これまでの勉強方法で魅力を感じることができないなら、昔からある紙の教材にはサヨナラして、新しい勉強法に取り組んでみるのはどうでしょうか?

デジタル教材の種類も増えてきました。
目的や目標とすることを考えて選ぶと相性のよい教材に出会える可能性が高くなります。

だから書き手も共感できるような興味ある質問記事を探すのがいいと思います。そうすれば解決方法を深堀しやすいので記事も充実していく可能性が高いです。

また 同じ内容の質問が多いほど 解決を求めている検索ユーザーの存在が多い可能性が高い。そんな質問を元にした解決記事をつくれば記事の価値がワンランクアップする事間違いなしです♪

タブレット専門の教材
ベネッセのノウハウが魅力
デジタル教材の拡大が続きます
小学4年生からの新形態学習方法

成績が伸びるわかりやすい教材を選ぶ

中学受験を考えていない クラスで言うと中から上位に位置する子どもを想定しています。
成績を伸ばす教材だけど ただ問題がたくさん詰め込まれているだけの教材ではなく、モチベーションを高めてくれたり、解説が丁寧でわかりやすい教材を紹介します。

小学ポピー

紙教材なら小学ポピー
学校の副教材を作成している会社が監修しているので 学校の内容や大事なポイントを知り尽くした教材と言えます。もちろん教科書に沿って学習していくので学校のテスト対策にも直結し成績が伸びやすい教材の筆頭になります。

余分な付録や添削もないので受講料は安めです。じっくり自分のペースで取り組みたい方におすすめです。

▼公式サイト

チャレンジタッチ

デジタル教材ならベネッセが提供するタブレット教材チャレンジタッチです。
ベネッセが培ってきた学習ノウハウが詰まっているのが一番の魅力です。そこには学年や単元ごとに躓きやすいポイント。苦手になりやすいポイント。必ず理解しておきたいポイントなど力を入れて解説してくれる部分を随所に感じることができます。

しかもチャレンジタッチでは 問題を解説してくれるだけでなく 間違えた問題を繰り返して問題提供してくれるWとき直しシステムが魅力です。苦手をつぶして成績アップにつなげます。

▼公式サイト

教材選びに役立つ

関連記事