小学生向けのタブレット学習って実際のところ勉強に使える?満足度は?各社の違いも合わせて知りたい。

3 min

タブレットを利用した勉強法ってどうなの?

各社の違いはあるのでしょうか?

保護者の時代にはなかった小学生向けタブレット学習ここではそんな注目されているタブレット学習紹介しています。

急いでいるかたへ

記事のまとめ

小学生の通信教育に興味がある方向けにタブレット学習が実際に使えるのか?満足度は高いのか?タブレット教材に違いはあるのか?この3点を中心に調べました。

タブレット型通信教育の分野は保護者が思っている以上に進化し続けています。目標に応じて使い分けることが大切だと感じています。

実際に使えるのか?

親子とも新しい勉強方法にメリットを感じて使っている方は多いようです。その理由として従来からある勉強方法では成績が伸びなかったり新しい勉強方法に魅力を感じた方が利用している事も大きいと思います。

満足度は高いのか?

紙の教材で満足できない、活用できない子の場合 タブレットを利用した勉強方法はアニメーションや音声を使ってわかりやすい説明があったり、わからない問題を繰り返し学習しやすいメリットがあり 学習効果を高める=満足度が大きい傾向があると考えています。

主要なタブレット教材の比較

企業方針により大なり小なり違いがあります。

教材総合力で考えるとベネッセのチャレンジタッチが1番という方が多いです。
好みがあると思いますが、ベネッセの教育ノウハウと会員数の多いスケールメリットはイロイロ見比べ考えても多くの方を満足させる内容になっていると思います。


これから詳しくタブレット学習について解説していきます。

タブレットを使ってする学習方法は実際に使えるのか?

どの教材も使い方次第ですがタブレット学習をすることで、学力がつくこと、成績があがるのかが一番気になるところだと思います。

そして従来の紙教材と比べてどうなのか?こどもとの相性や目標の違いもあり一言でいうのは難しいですが 普段のタブレット学習でどれだけ学力が定着しているかを確認することができる実力テストなどを用意している教材はおすすめです。

具体的にはチャレンジタッチスマイルゼミなんですが この両教材は学期末に実力テストがあり学力到達度合いを相対的に確認することができるので評価しやすいと考えます。また紙教材と違って間違えた問題を効率的にとき直す仕組みがあるタブレット学習は「わからない部分を学ぶ」ことを大切にしている理想的な学習方法であると実感しやすいです。

保護者の中には昔のデジタル学習を思い浮かぶ方もいると思いますが、各社のタブレット端末や内容はどんどん進化し今のタブレット端末とソフトはかなり完成度が高くなってきています。

加えてコロナ禍で小学生向けのタブレット型通信教材のメリットが注目され 更に勢いを増している感が強くなってきています。

小学生や保護者の満足度は高いのか?

どうしても利用者により異なる回答になってしまいますが、たくさんの人が満足している結果が今の通信教材(タブレット)業界の広がりにつながっていると思います。

タブレット学習の登場によって双方向で音声だけでなく映像を介して英語学習できる教材自分専用のレベルや問題にカスタマイズされる教材

自動的に丸付けや採点してくれ親子の負担を減らしサポートしてくれるシステムなど従来では想像できないサービスが比較的安価に提供されています。

もちろん100%完璧ではないので 一部のデジタル教材をのぞいて対面での学習(学校や塾)の補完としての位置づけで利用されている方が多いです。

最近 受講料が安くなったデジタル教材もでてきたので、塾と併用で利用している方も多いと聞きます。

主要なタブレット教材の違いはあるのか比較する

紙の教材以上に違いを把握して申し込まないとタブレット代金など損する可能性があるので 本申し込みの前に1度は見比べていた方が良いと思います。

それぞれの詳細は解説や公式サイトを確認することが可能です。

タブレット・デジタル教材一覧

教材名対象学年タブレット仕様学習内容特徴
チャレンジタッチ1~6年生学習専用教科書レベルから応用発展キャンペーン多い
赤ペン先生、実力テストあり
スマイルゼミ1~6年生学習専用教科書レベルから応用発展チャレンジタッチのライバルでよく比較される
Z会 デジタル 2年生以外ipad教科書レベルから応用発展年々デジタル化が進んできています。
RISU 1~6年生学習専用算数のみ算数に特化したデジタル教材
すらら1~6年生学習専用無学年式の学習学習塾などにも採用される無学年式のデジタル教材
スタサプ 4~6年生市販タブレット対応動画授業がメイン一流の講師が提供するわかりやすい動画授業が人気
デキタス 1~6年生市販タブレット対応教科書対応城南進学研究社が運営する学習システム

感想

従来からある紙教材の通信教材に比べると タブレットを中心とするデジタル教材はここ数年 注目度が一気に高くなってきています。
コロナ禍で私立小学校や中学校でオンライン学習やデジタル教科書などを用いて勉強する姿やデジタル教育の強さやメリットをまざまざと見せつけられ公立小中学校の保護者がデジタル教材への興味や期待を高めたのも一因だと思います。

実際 多くの監修者のもとで作成されたチャレンジタッチやスマイルゼミの中身は全国の小学生向けに学習教材だけあって完成度は高いです。だから従来の紙教材ではイマイチだった子でも結果は変わってくると可能性があると思っています。

まだ公立学校では個人単位のデジタル学習の普及はまだまだですが、民間の通信教材なら申し込めばすぐに利用する事が可能です。あと数年たてば 小学校での勉強も塾も家庭学習もデジタル化がもっと進んでいるでしょう。だから今 デジタル学習に興味がある子には我慢させず 可能であれば今のデジタル学習がどんな感じなのか触らせてあげるのがおススメだと考えています。

関連記事