最大手通信教材「チャレンジ」と巨大学習塾提供の「公文式通信教材」を比べる(口コミ含む)

6 min

ベネッセが展開している「」は業界トップで広く知られていますが、学習塾最大手の公文も「公文式通信学習」を展開していることをご存知でしょうか?
両教材には共通点もありますが、知っておきたいたくさんの違いもあります。

この記事では2つの教材が気になった時に知っておきたい違いや それぞれの中身を簡単に紹介していきます。

Q:「チャレンジ」と「公文式通信学習」の通信教材について両方知りたい。

Q:どんな特徴があるの?比べてどう違うのか知りたい

こんな悩みを持っている方におすすめ記事です。

特に 基礎はもちろん応用発展までの力を高めたいと考えている方におすすめです。

チャレンジと公文式通信学習を比較した項目(目次)


内容を比較しできるだけ正確に紹介する事を心がけていますが、万一公式サイト等と異なる場合は公式サイト等を正としてください。その際はお手数をおかけしますが、可能であればご連絡頂ければ幸いです。

当サイトの結論

我が家では「チャレンジ」の教材の方が魅力に感じました。
公文式の学習方法や教材の良さもわかるんですが、我が家にとってこの受講料は予算オーバー。通信教育の受講料は教室と同じ1教科7,150円の受講料に通信管理費1,100円が加えられるので教室の受講料より高くなっています。

近所に公文がない方向けのサービスだと思います。

加えて通信添削という視点で2つの教材を比べても 「チャレンジ」に大きく心が惹かれる理由が3つありました。

1つ目は ベネッセのノウハウなんでしょうか?教材を実際見てみるとよく分かるんですが、子ども目線の教材らしく、随所にアイデアや考えられている工夫があったり、遊び心が加えられていたりしていて勉強なんだけれど 学ぶことに心が惹かれる教材になっている事でした。

チャレンジは単なる勉強本ではありません。小学生にとって勉強と同じくらい大切な「まなぶ楽しみ」を知って体感できる通信教材だと思っています。
そして子ども目線で作られているのでストレスを感じにくく勉強できる紙面構成。子ども自身で見て進めていけるのがいいですね♪ オリジナルのキャラクタが手助けしてくれるのもチャレンジならではです。ただこのキャラクタとか好みがあって苦手な人もいるのもあるのですが・・・

2つ目は教材の中身の充実度です。
どちらも教科書準拠の教材ですが、小学ポピーは国語と算数だけの対応になります。そしてチャレンジの方は国語、算数、理科、社会、英語と対応しています。
しかも国語と算数のみになりますが、実力にあわせて選べる2つのコースが用意されています。
小1と小2は習熟度にあわせて基礎を固め定着させる「基礎コース」と「応用コース」に分かれています。

ちなみに小3から小6までは「標準」と「挑戦コース」に分かれています。「標準コース」は漢字・計算を含む教科書で学習する大事なポイントを学び、「挑戦コース」ではゆくゆくは教科書レベルを超えた中学入試レベルの難しい問題にも挑戦できます。

3つ目は追加料金なしで利用できる学習コンテンツや学習支援サービスが多いことです。業界最大手だから実現できているのでしょうか?びっくりするくらい充実しています。積極的に利用すれば群を抜いてコストパフォーマンスが高い教材です。

メイン教材以外の主要なサービス

  • 全国規模の実力診断テスト
  • 無学年方式の英語学習
  • プログラミング学習
  • 漢字検定対応教材
  • 電子書籍 約1000冊
  • 努力賞シールでプレゼント交換
  • 赤ペン先生の通信添削

「公文式通信学習」を考えるなら「学研の通信教育」なども一緒に検討するのも手だと思います。

 チャレンジの解説 ・ チャレンジ(公式)

これから比較した項目について紹介しています。

① 特徴を比べる

類似点

  • 業界大手が提供している学習サービス
  • 自宅に郵送される紙教材式の通信教育
  • 通信添削のサービスがある
  • 通信教材だけでなく学習塾も展開している。

それぞれの特徴

特徴
4.5

チャレンジの大きな特徴

  • 業界最大手の教材(幼児から高校生)
  • 国算理社英を学べる
  • ベネッセの学習ノウハウが魅力
  • やる気を引き出す工夫が多い
  • 学力を上げる施策が多い
  • デジタル版チャレンジタッチも人気
  • テスト対策しやすい構成と中身
  • 1年生の受講料は2,980円と安め

Gambaエース
特徴
4.5

公文式通信学習の大きな特徴

  • 成長を実感する事ができる反復学習
  • 実力に応じた無学年学習システム
  • 1人1人にあわせた学習ペース

※必要な教科を学びたい、実力にあわせてどんどん先に進めたい方は「公文式通信学習」が魅力です。

② 対応教科を比べる

チャレンジは5教科+プログラミングなどを、「公文式通信学習」は国語・算数・英語のうち必要な教科を選ぶ選択式の通信教材になっています。

小学ポピー
対応教科
4.5

対応教科は算数・国語・英語・プログラミング
3年生以降は理科・社会に対応

国語、算数、理科、社会は、小学校の教科書に合わせた内容になっています。

5・6年生の英語は教科書に対応しています。(東京書籍、光村図書、開隆堂、三省堂、教育出版、啓林館)調べた限り他の教材では学習指導要領準拠には則ったモノがあっても教科書対応はなかったので このチャレンジの英語教材はとても貴重な存在です。

Gambaエース
対応教科
3

受講科目は教室と同じ
算数・国語・英語

1教科から各教科ごとに受講可能
セット割引なし(通信管理費は1教科分で済む)

※通信管理費は受講料の部分で説明

③ おすすめな人

学習ノウハウが詰まった教材で勉強したい。

小学ポピー
おすすめ度
4.5

  • 基礎から発展・応用まで勉強したい
  • 実力を確認しながら学びたい
  • 無学年式で英語を勉強したい
  • デジタル教材にも興味がある
  • 全国実力テストに興味ある
  • 追加料金なしでイロイロ学びたい
  • 英検・漢検などにも興味がある
Gambaエース
対応教科
4

  • 公文式の学習方法に魅力を感じている
  • 公文の教室に通えない理由がある
  • 1教科から受講したい
  • 先取り学習をドンドンしたい
    • 成長する達成感を感じたい
  • 計算を速めたい
  • 自分自身で学力を成長させたい
  • 将来 中学受験を考えている

④ 受講料を比べる

チャレンジとは教材数に違いがあるので単純比較はできませんが、両者を受講料だけで比べてみると「チャレンジ」の方が安いです。

小学ポピー
受講料

進研ゼミ、Z会、まなびwithより安い

1年生月謝 3,680円
年払い 35,760円(2,980円/月)
2年生月謝 3,680円
年払い 35,760円(2,980円/月)
3年生月謝 4,490円
年払い 44,880円(3,740円/月)
4年生月謝 4,980円
年払い 53,160円(4,430円/月)
5年生月謝 5,980円
年払い 63,840円(5,320円/月)
6年生月謝 6,440円
年払い 68,760円(5,730円/月)
(税込・送料込)

Gambaエース
受講料

1教科から受講可能です。(算数・国語・英語)
 1,100円は通信管理費

教科数小学生(全学年共通)
1教科8,250 円
(7,150円+1,100円)
2教科15,400 円
(7,150円×2+1,100円)
3教科22,550 円
(7,150円×3+1,100円)
  • 1教科ごとの受講料
  • 入会金は不要

通信管理費を考えなければ 受講料は通信でも教室でも同額になります。

⑤ メリットを比べる

類似点

  • 入会金は無料
  • 全国送料無料
  • 通信添削がある

それぞれのメリット

小学ポピー
メリット
4.5

  • ベネッセの教育ノウハウが詰まっている
  • 基本から応用発展まで対応
  • 積極的なデジタル対応
  • 子どもやる気を引き出さす工夫が随所にある
  • 家庭学習習慣を身につけるきっかけ作りがある
  • 通信添削がある
  • 追加料金なしのサービスが豊富
    • 英検・漢検
    • プログラミング
    • 図書
  • 保護者向けサービスが充実
  • 全国規模のマーク式実力診断テスト

Gambaエース
メリット
4.5

  • 公文のノウハウ詰まった学習プリント
  • 自分の実力に応じた勉強ができる
  • 学力診断テストで実力にあわせてスタート
  • 自分のペースで勉強ができる
    • 先取り学習も推奨されている
  • たくさん勉強しても追加料金はない
  • 採点をしてもらえる
  • 固定の担任指導者が添削する
  • サポートダイヤルが用意されている。

⑥ デメリットを比べる

それぞれのデメリット

小学ポピー
デメリット
  • 受講料が1,000円以上になる
  • 派手な教材紙面や構成
  • 学習支援玩具に好みがある

Gambaエース
デメリット
  • 公文式の学習方法に魅力を感じない方はよくない
    • 繰り返しが苦手
    • 算数は計算のみで文章題なし
    • 教室へ通うよりも受講料が高い
  • 他の通信教材に比べて受講料が高め
  • プリントの送料は自己負担
    1日10枚学習なら1教科約300枚
    ※600枚を送る時はレターパックプラス利用で520円
  • 郵送のやりとりに時間がかかる
  • 学習済みのプリントを送らないと新しいプリントが届かない。
  • サポートダイヤルは曜日、時間が限られる。

⑦ サポートを比べる

困った時に役立つ「チャレンジ」のサポート魅力的です♪

小学ポピー
サポート
4

  • まなび相談室
     個別電話相談サービス
     学習、進路相談に応じるサービス
     受付時間 9:00~21:00(年末年始を除く)
  • 赤ペン先生のがんばれレター
  • 努力賞
  • 保護者通信
  • 全国実力診断テスト
Gambaエース
サポート
4

勉強していて分からないところは電話、FAX、メールでサポート
(月~金9:30-17:30祝日・特定休業日は除く)

  • 完全担任制
  • 年4回 教育情報誌(Capable(ケイパブル))
  • 指定施設で、優待されるデイトブック

⑧ 公式サイトと解説

最新情報は公式サイトで確認お願いします。

チャレンジ解説公式
公文式通信学習解説公式

他にもある代表的な通信教材一覧

解説公式
解説公式
Z会解説公式
スマイルゼミ解説公式
スタディサプリ解説公式
まなびwith解説公式
ぶんぶんドリム解説公式
解説公式
解説公式
学研の通信講座解説公式
RISU解説公式

退会方法


退会したい月号
の前月1日までに連絡

退会方法

電話


退会したい月の前月末日までに連絡

退会方法  メールで連絡申しこみ

教材の比較まとめ表

チャレンジ公文式通信学習
月謝3,680円~(税込)
(1年生時)
7,150円(税込)+1,100(通信管理費)(全学年,1教科当たり)
年払い時
(ひと月あたり)
2,980円
(1年生時)
創業1980年原型は1955年
対象幼児から中学生、高校生、幼児から高校生
内容教科書対応の紙教材
基礎から応用・発展対応
プリント教材
対応教科国語・算数・英語
理科・社会・プログラミング
国語・算数・英語
学習量小学1・2年生・・・約15分
小学3・4年生・・・約15~20分
小学5・6年生・・・約15~20分
プリント5枚/10枚/20枚~
(個人差あり)
別料金豊富に用意されています。
思考力・問題解決力を伸ばす
考える力・プラス講座
考えを伝える力を身につける
作文・表現力講座
知的好奇心を育む
かがく組
特別ドリル
漢字計算くりかえしドリル
国語算数発展ワーク
国語算数ハイレベルテキスト

国語・算数・英語以外なし
特徴

国内最大級の通信教育
学習ノウハウやカリキュラムが◎
やる気を引き出さす工夫
業界屈指の学習サポート
追加料金なしサービスが豊富
通塾方式の公文と同じ
月2回の通信添削
学習質問ホットラインあり
キャンペーン無料資料・お試し教材あり資料請求あり
退会退会したい月号の前月1日
12月号から退会の場合は11月1日まで
退会したい月の前月末日までに連絡
退会方法
電話メール申し込み

両教材を比べた結果

チャレンジと公文式通信学習

「似ている部分もあります」が、「違う部分も思っていた以上にある」のが分かって頂けたと思います。

関連記事