チャレンジタッチとオンライン塾を比べて分かったメリットデメリット

2 min

チャレンジタッチと塾を比べる理由

コロナ禍の中 小学生の通信教育や教材に注目が一気に高まりました

その中でも小学生向けのタブレットを活用したデジタル学習とZoomなどを利用したオンライン塾が目立つ存在になってきました。

利用者数も増えメリット・デメリットなど分かってきたので これから利用しようと考えている方や興味を持っているかたに役立てられればと紹介しています。

オンライン塾の種類

オンライン塾はライブ授業か録画形式の授業に分けられます。

提供しているオンライン塾の種類

  • オンライン専門の塾
  • 大手や地域にある塾のオンライン講座
  • 個人のオンライン塾
  • SNSなどで提供するタイプ

ライブ形式の塾とは

何月何日の何曜日からはじまる生放送で配信される形式で 臨場感あふれる授業が魅力で種類によっては質問が飛びかう授業も存在します。

ライブ形式の塾の種類

  1. 個別指導型
  2. 集団指導型
  3. ライブ形式専門
  4. ライブ形式と対面式の混合

大手教育会社が提供している授業、地域塾が提供している授業が多いですが 個人の先生が提供しているオンライン塾もでてきています。

ライブ形式(集団型)のメリット・デメリット

メリット
  1. 個別に比べ安い
  2. 勉強の雰囲気が高まる
  3. カリキュラムがある
  4. 出席状況が把握される
  5. 質問できる
デメリット
  • 自分のペースで進められない

ライブ形式(個別型)のメリット・デメリット

メリット
  1. 自分のペースで進められる
  2. 質問しやすい
デメリット
  • 個別より高い
  • 先生との相性がある

録画形式の塾

スタディサプリやYoutbeなどのような形式であらかじめ録画した授業動画の中から好きな単元を選んで受講する形式です。

録画形式の授業はもともと大学受験対策が主流でしたが中学生、小学生と低年齢化してきました。一方的に情報が流れるので受けて側の学ぶ姿勢がとても大切です。

メリット
  1. 受講料が安め
  2. 好きな単元を選べる
  3. 自分のペースで学べる
  4. 予習・復習しやすい
  5. 自分のペースで進められる

デメリット
  • モチベーションの維持
  • 自学自習ができる必要がある
  • 何を勉強するか自分で決める必要がある
  • 自由すぎるので自己管理が必要

塾もイロイロな種類がありますが、ここではチャレンジタッチのメリット、デメリットを地域にある補習型塾と比べて考えてみます。

チャレンジタッチとオンライン塾を比べる

チャレンジタッチはベネッセ提供の学習専用タブレットを用いて自宅・インターネット回線を利用して勉強方法のひとつです。ベネッセのノウハウが詰め込まれた良質な問題とカリキュラムで学べるのが魅力です。

オンライン塾と比べたメリット
  1. ベネッセのノウハウで学べる
  2. 受講料が安い
  3. 繰り返し学べる
  4. 通塾不要
  5. 予習・復習しやすい
  6. 自分のペースで進められる
  7. 塾選びほど悩まなくて済む

オンライン塾と比べたデメリット
  • 地域情報がない
  • 熱意がでてこない
  • 臨場感がない
  • モチベーションが高まらない

チャレンジタッチは優れた勉強ツールになんですが どうしても塾にできてチャレンジタッチでは無理なこともあります。

それは塾だとリアルタイムで先生と生徒の関係から 名前を覚えてもらえ親身に相談でき勉強に対するフォローがありますがチャレンジタッチでは無理です。

受講料から考えればおすすめなサービス何ですが、赤ペン先生があるんですが 時間差が生じてしまうこと、問題が指定されているのが残念です。

ちなみにチャレンジタッチでも有料オプションの英語学習「オンラインスピーキング」では外国人講師とマンツーマン会話レッスンではリアルなサポート受けることができます。

もちろん塾の先生の代わりに保護者がサポートできることが一番の理想になります。

まとめ

中学生になったら塾、将来の高校、大学に教育費のために小学生時代の教育費を抑えられる通信教材を選ぶ方が多いです。

一方で 塾と併用してタブレット型の通信教材を利用するという方もよく耳にします。

タブレット教材は予習・復習が自分のペースで取り組みやすく、英語学習とかは英検対策にも利用できたりメリットが大きいから自学自習には最適なんだと考えています。

とても簡単 チャレンジタッチ無料資料請求

他とチャレンジタッチを見比べる

資料請求で学習方法や中身がわかる詳しい資料がもらえます。

関連記事