徹底比較 小学生の
 通信教育+プリント学習

学力UPに役立つ通信教材などを徹底紹介


小学1年生向けのおすすめ通信教材について



セクション名:通信教材
カテゴリ: 質問

この記事を読める目安 約 21 分 
目次

小学生になるタイミングで通信教育を考え中です。おすすめ教材はありますか?

小学1年生に人気な通信教材はなにがありますか?

ここでは受講経験や口コミをもとに小学1年生におすすめの通信教材を紹介しています。

小学1年生に多く選ばれる通信教材はそれなりの理由があります。名前だけで選んではじめての教材選びが失敗にならないように受講する目的にあわせたポイントを確認しましょう。

急いでいるかたへ

まとめ

結論
学ぶ楽しさ、家庭学習習慣を考えるならベネッセ(チャレンジ・チャレンジタッチ)
じっくり考えることが好きな子Z会の教材かピグマキッズくらぶ

好奇心旺盛で将来につながる力を育む1年生の教材選びは1番難しいです。特にはじめて選ぶ場合はたくさん種類があって一苦労します。

経験上1年生の教材選びで大切なことは3つ

①保護者のサポートがどれだけ費やせられるか?

保護者から積極的にサポートできるならZ会
理科・社会につながるZ会のオリジナル教科「経験学習」が1年生と2年生に用意されています。

保護者から積極的なサポートができないならチャレンジタッチ
丸付け、採点、学習予定はもちろん自動で学習状況を保護者に連絡しコミュニケーションをとることも可能で親子ともメリットあり♪

サポートする中で 子どもが つまずいているポイントに親が気づいてあげられるかがとても重要です。

②受講する目的は何なのか?

1年生のうちはテストで100点を取る目的の方は少ないようです。
学ぶ楽しみを実感する教材(チャレンジタッチ)、学習習慣を身につけたる教材(チャレンジタッチ)将来につながる考える力を育みたい(Z会)と考える方が多いです。

中学受験を考えている方はZ会が有名ですが、サピックスの教材(ピグマキッズくらぶ)もおすすめ

③紙の教材かタブレット型教材か?

タブレット教材なら小学校とは違う方法で刺激的に学べます。

暗記するのではなくアニメーションや音で理解する方法で楽しく勉強できるのでおすすめです。ボリュームの多くて発展コースが選べるスマイルゼミや 英語学習が充実しているチャレンジタッチがおすすめ

それぞれ下記でもっと詳しく紹介しています。

まとめ

以下 『記事まとめ』に沿った順番で解説していきます。

小1の保護者がするサポートについて {.margin-bottom-0}

紙の通信教材の場合は ほぼ付きっ切りでサポートする必要があります。 勉強の最中、丸付けや採点。解説を読んで説明するお手伝いが必要になります。100点取れば花丸で子どもの頑張りを褒めてあげる必要もあります。

時間があって 積極的に子どもと一緒に勉強したいという方は紙教材がおすすめです。

このような勉強サポートが苦手であったり、子どもとの時間が取れないという方は必然的にタブレット教材の選択になります。

タブレット教材なら勉強のサポートをタブレットに任せる分 子どもの頑張り直接でも専用のコミュニケーションツールからでも褒めることができるので親子ともメリットがある学習方法になります。

ちなみにベネッセなら紙教材とタブレット教材のコース変更は可能です。

受講する目的 {.margin-bottom-0}

代表的な目的 学校のテストで100点を取りたいという方は教科書対応の教材(チャレンジチャレンジタッチスマイルゼミ小学ポピーZ会

コストパフォーマンスの高いガンバエース(受講料950円)

毎日の学習習慣を身につけたいことを主におくならチャレンジタッチ

将来に役立つ考える力を身につけるならZ会がおすすめ

その他の目的
・国語力を高めたいなら「ブンブンどりむ
・思考力を伸ばすところに力を入れている「まなびwith
・英語力を伸ばしたい「チャレンジタッチ」「スマイルゼミ
・学年を超えて先取り学習をしたい子は公文式の通信教材

紙の教材かタブレット型教材か? {.margin-bottom-0}

紙の教材の良さ、タブレット型教材の良さはそれぞれあるので一言では難しいですが 迷っているならおすすめはタブレット型教材です。

タブレット学習なら小学校とは違う学ぶことの楽しさを知ることができる可能性があると思います。 海外に比べて教育`ICT化が遅れている日本ですが、数年先にはデジタル教科書が普及し始める話がでています。これまでの紙教材に個室する必要はないと考えています。

ただタブレット型教材の場合は学習内容や受講形態以外に注意があります。 それは家庭内でwifi接続できる環境があること、そしてタブレット端末代金に関する注意事項がある点です。 新しい勉強スタイルになるので この2点は注意が必要です。

小学1年生がタブレット教材を使う魅力 {.margin-bottom-0}

タブレットで学ぶことの魅力

小学1年生がタブレット教材?!気になるところ {.margin-bottom-0}

ただし タブレット教材を選択し受講期間が6か月未満の方がコース変更をした場合、タブレット代金が発生するので注意が必要です。





最後まで読んでいただきありがとうございました。