通信教材のメリットを考える

2 min
http://child-study.com/wp/wp-content/uploads/2020/04/illust2012_thumb.gif

小学生の習いごとの中で一番人気なのが通信教育
その理由をメリットから考えてみます。

1番メリットに思うところ

必要な部分を勉強できるところが1番好きです。
この単元はしっかり勉強したい。ここは飛ばしても問題ないだろうと子ども・保護者で事情に合わせて勉強できるのがいいですね。 授業で言われた部分をそのまま勉強するのは・・・成績は上がるんでしょうがね。

必要な部分、不必要な部分を考えながら自分で考え行動する自学自習していくスタイルは 将来のことを考えるととても大切なことだと思います。

もちろんその他にも下記のようなメリットがたくさんあります。

自分の力で進めていく学習方法

  • 自分で読んで考え 「解く過程も大切」にできる学習方法
  • 学習ペースも自分仕様にできる。
  • 自発的な学習習慣を身につける仕組み
  • 教えてもらうだけの学習スタイルではない
  • 頑張らないとひと月の目標を達成できない量

時間を大切にできる

  • 勉強する日、時間など予定を親子で決められる
  • 自宅でできるので 通わなくて よい(塾と比較)
  • リビング、キッチン、学習部屋などどこでも勉強できる。
  • 突然の用事があっても 予定の振り替えが簡単
  • 勉強を通した 親子のコミュニケーションの時間ができる

学習効率が高い

  • 学習目的にあわせた教材を選ぶ事ができる
  • 大手教育会社のノウハウが詰め込まれている内容
  • 地域格差、経済格差が生じないカリキュラムと内容
  • 好みにあわせて紙教材、デジタル教材を選べる。
  • 学校事情や担当先生の能力などバラつきのない教材(問題・解説)
  • 学力を身につける為の研究されたカリキュラム
  • 教育情勢にあった最新教材が届けられる
  • つまづきやすいポイントへの重点的な解説・説明
  • 復習する時、後から見直す事も簡単にできる。
  • オプションも豊富になり 中学受験や発展コースも増えてきた
  • 1日15分、20分の学習を続ける事により大きな学力になる仕組み

受講費用が安い

  • 進学塾、補習型塾、個別塾などに比べ安い
  • 家庭教師に比べるとものすごく安い
  • 入会金、退会金がないところがほとんど。
  • 夏期講習、冬期講習などプラスαの負担もない。
  • 年払いにすると20%引きの教材もある。
  • 1000円以下の教材もある

    ※中学受験用、公文、学研式の教材は高め。

場所を問わない学習方法

  • 国内でも海外でも同じ勉強ができる
  • 都会でも地方でも同じ勉強ができる地域間格差のない勉強方法
  • 家の中でもどの部屋でも勉強できる。

家庭での学習習慣を身につけさせやすい

  • ポイントシールなど やるきUPさせる工夫
  • 添削がある教材は 自分だけのアドバイスがある
  • 継続して学習させようというメーカーの苦労が見える教材もあり。

教材間のサービス競争(一部通信教材)

  • 学習玩具やタブレット教材など
  • 通信教材の問題数が少ない解決→会員向け WEB問題
  • 分からない問題に対するFAX,電話サポート
  • ネットを活用した授業
  • 添削問題を スピードネット返却

教材・付録を再活用できる

  • 教材テキストに 記入せずにノートに書き込む
  • スタディサプリは学年跨ぎができるので凄い

最新の学習教材

入会するだけでカリキュラムに従って地域格差、経済格差のない 最新の学習教材が紙教材なら自宅に届き、デジタル教材ならタブレットなどに配信されます。この教材を活用するかしないかが将来大きな差につながります。

ぜひ時代にあった教材をフル活用して少しでも学び続ける大切さを知っておきましょう♪

関連記事