小学生の通信教育ってどんな種類があるんですか?

2 min

小学生の通信教材に興味があります。どんな種類があるの?

わが子と相性が良さそうな通信教材はあるかな?

この記事ではこんな悩みをもっている方むけに役立つ教材の種類やパターンを一覧にして紹介しています。

通信教材にどんなことを求めていくのか?!優先していくのか?!を決めていくときに役立ててもらえればと思います。

急いでいるかたへ

記事のまとめ

たくさんあるけれど勉強(通信教材)が楽しめる教材はひと握り
個人の考えや学年によっても変わってきます。

解決方法は主要な教材はひと通り目を通すこと
 ① 迷っている人は進研ゼミで進研ゼミで決まる
 ② 心底 学力向上を狙うならZ会
 ③ 学習習慣を身につけるなら「チャレンジタッチ」か「スマイルゼミ

以下 『記事まとめ』に沿った順番で解説していきます。

カリキュラム設計の種類

  1. 家庭学習習慣を身につける目的の教材
    1. 教科書対応の教材
      • 学校の勉強に対する補習型の教材
      • 学校のテスト対策など成績をあげる為の教材
    2. 学習習慣が身につける為の工夫が多い教材
  2. 学習習慣が身についている事が前提の学力を高めるための教材
    1. 受験対応の教材
      • 中学受験や英検など明確な目標がある教材
    2. 学校以外の勉強をして幅を広げる目的の教材
  3. 事情があり小学校に通うことができない子にも対応している教材
カリキュラムまとめ
  • 家庭学習習慣を身につけるタイプなら進研ゼミ
  • 学力を高めるための教材を探しているならZ会

教材タイプの違い

  1. デジタル教材を用いるタイプ
    1. 学習専用タブレットを用いる教材
    2. 市販のタブレット・パソコンを用いる教材
    3. 電子ペンを用いる教材
  2. 紙教材を用いるタイプ
    1. 教本・冊子タイプ
    2. プリント形式

学習教科の特徴

  1. 5教科学べる教材
  2. 国語・算数の2教科がメインの教材
  3. 国語専門の教材
  4. 算数専門の教材
  5. 英語専門の教材
  6. ひと教科から受講可能な教材
  7. 学年を超えて勉強できる無学年方式に対応している教材
  8. 基礎に加え応用・発展コースが用意されている教材

学習内容の特徴

  1. 動画授業がある教材
  2. 英語検定対応
  3. 漢字検定対応
  4. ネイティブな英語が学べる教材
  5. 作文対応
  6. 図形問題が多い教材
  7. プログラミングを学べる教材
  8. 音読できる教材

学習サービス内容の特徴

  1. 通信添削に対応している教材
  2. 全国テストが用意されている教材
  3. 学習玩具がある教材
  4. 努力賞がある教材
  5. ネットから問題を印刷できる教材
  6. 海外対応している教材
  7. 学習スケジュールを立てやすい教材
  8. 1日1ページの教材

▼サポート関係

  1. 電話サポート対応が可能な教材
  2. 質問FAXがある教材

教材の評判

  1. 満足度が高いと評判の教材
  2. 学校テスト対策になる教材
  3. 良問が多い教材で有名
  4. 解説がわかりやすい教材
  5. 間違えた問題をしっかり学べる教材
  6. 考える問題が多い教材
  7. 思考力を高める問題
  8. 英語の問題が多い教材
  9. 計算問題が多い教材
  10. 漢字問題が多い教材
  11. 受講料が安めの教材
  12. 受賞経験がある教材

保護者向けサービス

  1. サポートダイアルがある
  2. 保護者向け冊子がある教材
  3. 学習の取り組みが保護者に伝えられる教材

お金関係

  1. 入会金ゼロ円
  2. 入会金が必要な教材
  3. 入会特典がある教材
  4. 初回授業料ゼロ円
  5. 長期割引がある
  6. 兄弟割引がある
  7. 1ヶ月のみの受講可能
  8. 最短受講量が2か月
  9. 最短受講料が3か月

記事のまとめ

小学生の通信教材はあれもこれもと一緒には受講できないモノなので 子どもの為に 家庭事情にあわせて優先項目を決めて選んであげましょう。もちろん複数の事項が絡み合って悩んでしまうときもあると思います。そんな時は子どもの意見を尊重してあげることが大切です。

学習目的や学年によっても教材の良し悪しは変わるので 決めきれない場合は資料請求をして実際の教材を親子でチェックしてみましょう♪

きっ子どもの目が輝く教材が見つかると思います

関連記事