進化しているタブレット学習のメリット

3 min
https://child-study.com/wp/wp-content/uploads/2020/04/hito21.jpg

教育のICT化が進むにつれ、注目度が増してくる人気な小学生向けタブレット学習のメリットをまとめます。

昔からある紙教材、紙プリントタイプの通信教材の良さもわかるのですが、 デジタル教科書など教育のICT化が進む 今の時代 デジタル学習がすごい勢いで進歩しています。ひと昔前のデジタル学習とはハード的にも、ソフト的にも中身はガラッと変わってとても魅力的です!!
年々デジタル教材を導入するハードルは少なく小さくなってきていると考えています。

基本的に親のかかわりを無くし子どもがひとりで取り組めるようになっているのが特徴です。

そして機械性能の向上に負けない位 学習コンテンツの方もグーッと進化しているので、子どもの心だけでなく、保護者の心もつかむようになってきています。だから最近は魅力ある小学生向けの学習方法として人気を集めています。

ハード的には最近のタブレットは見た目だけでなく、反応速度や文字認識速度、書き心地などが良くなって使いやすくなってきていますよね♪年のせいか今の子供たちがとても贅沢に思えてしかたないこの頃です。

もし今 子どもがタブレットなどデジタル端末に興味を持っているのならチャンス到来!この機会にメリットがたくさんあるタブレットを使った勉強を試してみて、学校と同じ内容の勉強でも学び方が違うとこんなに変わるんだと実感して欲しいと思います。

タブレットの種類について

2020年2月現在、「学習専用のタブレット」と「iPad」「アンドロイドタブレット」の3種類になります。どのタブレットを利用するかは受講する通信教育によって決まってきます。
通信教育の種類や学習コンテンツによっては タブレット以外のパソコンやスマートフォンでも対応可能なモノもあります。

また下記タブレット学習の好きな所で紹介している項目は上記タブレット3種類の事を想定し作成しています。

タブレット学習の好きな所

 学習面

日々の基礎から発展・応用までの家庭学習だけでなく、全国学力診断テスト、実力診断テストなどで理解度・実力を確認できるようにもなってきました。ほかにもスペシャル問題や無学年方式の問題などデジタル教材を活かした多種多様な形式が魅力です。

■ 動画や音声で学習内容を理解しやすい

  • 視覚的にわかりやすい問題や理解につながる解説
  • 内容、単元内容を工夫し集中力を保ちやすい仕組み
     アニメーションや効果音で集中させる。
      授業形式の解説が 専属の家庭教師みたい♪
  • 漢字なら書き順や、計算なら計算手順
  • 理科・社会なら図表や実験動画など
  • 英語ではネイティブな発音も聞ける
     英語アニメーションに合わせて発音練習をするなど効果的◎
     対人間より、対タブレットに発音する方がしやすいという子もいる。
  • ゲームや遊び感覚で学ぶ工夫も盛り込まれている
  • 音読を録音し 客観的に聞くことも可能なモノもある
  • 1対1の英語スピーキングトレーニングも可能

だから自分のペース、理解度に応じて勉強できる。つまり 学校や授業のような 自分のペースを邪魔されずやらされた感のない手法で勉強できるのがいいですね。

■ 学習スピードが早くなり、学習量が増える

  • 丸付けが 自動で、間違いがすぐにわかり修正できる。
  • テキスト、ノートなど準備品を用意する時間
  • 間違えた問題だけをする事も可能
  • 学力・学力到達度に応じた問題の出し分けがある。

■ 何度も繰り返して勉強でき復習できる。

  • 理解度の再チェックを実施しやすい。
  • 自信がなければすぐに復習し実力の確認ができる
  • 過去の教材、問題が利用しやすい

 学習サポート面

■ まるつけの自動化

  • 子どもも 保護者も負担減
  • 結果がすぐ分かり、学習がスムーズになるので学習時間の短縮
  • 学習時間の短縮分、早く終わらすか、追加で勉強する事が可能になる。
  • 親の干渉も少なくなりやる気アップ?
  • 親は怒ったりする時もある 教材は常に前向きに応援してくる。

■ 採点の自動化

  • 紙の教材だと、丸付けはしても採点になるとしない人が多いが、デジタル教材だと採点も自動なので 理解度や復習の把握に役立てられる。
  • 小さい問題でも毎回 100点取りたい気持ちにつながる◎

■ 学習記録が残される。

  • 学習スケジュール管理
     今日やる事、理解度に応じた学習ができる。
  • 学習の進捗状況や成績の把握管理
  • 苦手単元、問題の把握
  • 成長の確認
  • 保護者に学習進捗状況やテスト結果が届く仕組みもある。

 その他

  • 教材が散らからず 片づけやすく かさばらない
  • 保護者とのコミュニケーションツールになるものもある。
  • 持ち運びしやすく場所を問わず勉強できる
  • 自分専用のタブレットを持つ事で学習意欲を高める
  • デジタル機器を使った勉強ができる事 (ゲーム,娯楽だけじゃもったいない)
  • 記号選択問題だけではなく、書く問題、途中式も書けるようになっている。

タブレット教材利用時に保護者が確認すること

うまく教材を取り組んでいるか?
やり残している講座はないか?
つまづいている部分がないか?
紙の教材に比べ丸付けや解説がなく保護者の負担は少ないです。

最優秀賞のデジタル教材は?

Z会は、 「イード・アワード2019 通信教育」で総合・タブレットともに小中高で最優秀賞を受賞しました。比べる対抗馬は進研ゼミのチャレンジタッチかスマイルゼミ

https://xn--u9ju06gz2hktan47af6wyqsof2a.net/zkai/
関連記事