徹底比較 小学生の
 通信教育+プリント学習

学力UPに役立つ通信教材などを徹底紹介


小学2年生向けのおすすめ通信教材について



セクション名:通信教材
カテゴリ: 質問

この記事を読める目安 約 20 分 
目次

掛け算をしっかり学べる教材は?

小学2年生に人気な通信教材は?

ここでは受講経験や口コミをもとに小学2年生におすすめの通信教材を紹介しています。

小学2年生に多く選ばれる通信教材はそれなりの理由があります。名前だけで選んで教材選びが失敗にならないように受講する目的にあわせたポイントを確認しましょう。

急いでいるかたへ

まとめ

暗記するだけでなく学ぶ楽しさを実感したいならベネッセの教材(チャレンジ・チャレンジタッチ)
教科書のような雰囲気で基礎をしっかり学ぶには小学ポピー
文書問題などじっくり考える問題で実力を高めるにはZ会

学習する量も増えてきて、つまづきたくない単元も数多くある小学2年生。通信教材を使って基礎を固めるだけでなく応用や発展問題で実力を高めることもできます。

経験上2年生の教材選びで大切なこと3つ

①丸覚えでなく理解させたい
②保護者のサポートがどれだけ費やせられるか?
③受講する目的は何なのか?

①丸覚えでなく理解させたい

掛け算を呪文のように唱え丸覚えさせるのも良いかもしれませんが、デジタル教材を使うことにより 分かりやすいアニメーションで掛け算の仕組みを学び 考え方を頭の中に焼き付けるような勉強方法も魅力的です。

②保護者のサポートがどれだけ費やせられるか?

小2では 紙の通信教材の場合 まだしっかりと自学自習することはできません。保護者の積極的なサポートがないと学習習慣、学習内容を身につけることは困難だと思います。近くにいて つまずいているポイントに親が気づいてあげられるかがとても重要です。
その点 デジタル教材の学習カリキュラムや内容は勉強を楽しく学べる仕組みやゲーム的要素を取り入れているために子ども一人でも学べる可能性はぐんと高くなっています。

③受講する目的は何なのか?

単元の内容を理解できていないのなら教科書の内容レベルを大切にする通信教材を選ぶことが大切です。加えてデジタル学習ができる通信教材なら反復学習がしやすいことと、学習習慣を身につけやすい仕組みがあるのが魅力です。

特にいまの勉強方法(紙教材などのアナログ)で理解しにくいと感じているなら、おすすめはデジタル教材を用いるタブレット型の通信教材です。基本コースに加えて 応用発展コースを選べるタブレット型通信教材や無学年式の学習ができる教材など種類も増えてきました。

中学受験を考えている方はZ会が有名ですが、サピックスの教材(ピグマキッズくらぶ)もおすすめ

それぞれ下記でもっと詳しく紹介しています。

小2におすすめな通信教材 まとめ

以下 『記事まとめ』に沿った順番で解説していきます。

丸覚えでなく理解させたい {.margin-bottom-0}

丸覚えするのではなく目で見て音で聞いて動きで頭にイメージを焼き付けることができるデジタル学習、特にタブレット学習が魅力的です。その中でもおすすめなのはチャレンジタッチとスマイルゼミどちらも学習専用のタブレットで効率的に勉強し学ぶことができます。

保護者のサポートがどれだけ費やせられるか? {.margin-bottom-0}

デジタル学習の特徴が小学2年生にも自学自習できるような環境を作ってくれています。 ・自動丸付け ・自動採点 ・日々の学習カリキュラムの提案 ・学習スケジュールのアラーム ・学習状況の数値化 ・学習状況の保護者への連絡 ただ一番大事なのは保護者からの声掛け、応援です。 細かなスケジュールはタブレットがしてくれるので応援側に徹してあげましょう♪

受講する目的は何なのか? {.margin-bottom-0}

代表的な目的
学校のテストで100点を取りたいという方は教科書対応の教材(チャレンジチャレンジタッチスマイルゼミ小学ポピーZ会

コストパフォーマンスの高いガンバエース(受講料950円)

毎日の学習習慣を身につけたいことを主におくならチャレンジタッチ

将来に役立つ考える力を身につけるならZ会がおすすめ

その他の目的
・国語力を高めたいなら「ブンブンどりむ
・思考力を伸ばすところに力を入れている「まなびwith
・英語力を伸ばしたい「チャレンジタッチ」「スマイルゼミ
・学年を超えて先取り学習をしたい子は公文式の通信教材

小学2年生がタブレット教材を使う魅力 {.margin-bottom-0}

タブレットで学ぶことの魅力

小学2年生がタブレット教材?!気になるところ {.margin-bottom-0}

ただし タブレット教材を選択し受講期間が6か月未満の方がコース変更をした場合、タブレット代金が発生するので注意が必要です。





最後まで読んでいただきありがとうございました。